「いただきます」「ごちそうさま」「おすそわけ」—自然への畏敬と感謝

「いただきます」「ごちそうさま」。日本人なら誰もが食事の前後に口にするこの言葉。外国語に訳そうとしても、どこの国の言葉にもぴたりと意味を同じくする言葉はありません。それだけ、この2つの言葉は、日本人独特の精神風土をあらわしている言葉だといえるでしょう。

肉や魚に限らず、生きものの命をいただいて自分の命をつなげることへの畏怖、ひいては命を育む自然の恵みへの感謝の気持ちが、これらの言葉には込められています。また、野菜を育てた人、肉を育てた人、漁をした人、店屋さん、料理を作ったお母さん…食べものが自分の口に届くまでに関わったすべての人への感謝の意味も込められている、とても奥深い言葉なのです。

日本人は、日々の何気ない食事がたくさんの感謝の上に成り立っていることを、毎日の食卓で確認しています。小さい子どもも、物心ついた頃から、「いただきます」「ごちそうさま」を唱えることで、自然への感謝が自然と身についていくのです。

日本人は、言葉で食べものへの感謝をあらわすとともに、自然に報いるべく行動してきました。そのひとつが「おすそわけ」の文化。自分がもらったものの余分や利益の一部を分配することを意味しています。

平らな土地が少ない日本は、近代まで農地を確保するのも大変なことでした。そのため必然的に、自然の恩恵を頼りにしてきたのです。その恵みを独り占めせず、分かち合うことで命をつないできた記憶とともに、旬の食べものの「おすそわけ」の文化は続いています。

四季折々にさまざまな恵みをくれる自然が、日本人の精神風土を豊かにしてきたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました