日本の水田

日本の水田

水田を支える農業土木技術

稲作に欠かせない水。水田地帯では、安定して水を引き、栽培する農家に公平に分配することが、昔からの課題となっています。 この課題を実現してきたのは、人工の川・用水路(疏水ともいう)、水路橋、円筒分水工といった、田園地帯のランドマークとも...
日本の水田

水田を守る農家の努力

今から3000年前、縄文時代後期に伝わった日本の稲作を広く定着させる最大の課題は、水を安定して確保することでした。 稲を育てる水は、田んぼに降る雨だけでは足りません。昔も今も、水田に使われる水のほとんどは、河川水です。日本の川は、流れ...
日本の水田

水田の多様なはたらき(生産と環境保全等が共存する水田)

日本の文化を語る上で欠かせない稲作とコメ。水田は、古来よりコメを作り続けてきた日本人の知恵が詰まった結晶と言えます。水田の役割は食・コメをつくるだけではありません。土地を洪水から守るほか、気温の調節や、大気の浄化、さらには人々に心の安らぎを...